1980年01月02日

誓心

誓心 / 田口淳之介

決められていたように吸い込まれた 剣のように真っ直ぐな瞳に
僕しか手に負えないだろう まわりは手を引けばいい
光を纏い最後まで 嗚呼舞うのさ その手を掴んで
空が色を失くして月が疲れ果てても 生まれてきた意味をキミで感じたい
力任せな愛を真実に変えたとき 暖かい胸で眠らせておくれよ

嗚呼、心をあげるよ ほんとさ

舞い上がる絶望で目を塞がれていても ボクの限界を振りかざし守る
キミの胸にささった鍵をすべて外すよ だからその胸で眠らせておくれよ

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔